キャンプと相性抜群!コーヒーを楽しむためのマイ・コーヒーセット!

キャンプ道具

キャンプとコーヒーの相性は抜群!

僕は自然の中で飲むコーヒーはいつもの数倍美味しく感じます。

そこで今回は僕が愛用しているコーヒーセットをご紹介!

機能性だけで無く見た目も抜群なのでぜひ最後までお付き合いください。

それでは行きましょう!

スポンサーリンク

相性抜群!キャンプでコーヒーを淹れて飲もう!

デイキャンプでコーヒーを飲みました。

僕が実際にデイキャンプでコーヒーを淹れて飲んだ時の画像です。

今回はこの中から、ケトル・ドリッパー・カップの3つをご紹介します。

どの製品も非常にオススメなので気になる方はリンクからチェックしてみてください!

スノーピーク・フィールドバリスタ ケトル

ケトルはスノーピーク製品です。

出典:スノーピークオンラインストア

機能性は後述しますが、まずはスノーピークらしいデザインに目が惹かれました。

そのまま「えいやっ!」って衝動買いしてしまいました(笑)

全体的に丸みを帯びたデザインで、フタについてる木の取っ手とスノーピークのロゴがいい雰囲気を演出しています。

機能面ですが、バリスタケトルという名前がついているだけあってコーヒを淹れる際の湯量調整が非常にしやすい注ぎ口が特徴です。
細く狙ったところにお湯が注げるので万遍なくドリップすることができます。

ドリップ機能は当たり前として、地味に嬉しいの機能がフタの裏側にあります。

ソロ用のテーブルだとケトルに水を入れる際にフタを置くスペースが確保できないときもありますが、このケトルは

本来は注ぎ口でなくケトル本体に引っ掛けます(笑)

フタをケトルに掛けられるフックが付いているので非常に便利!

またハンドル部分は取り外しが可能。
これにより運搬時も無駄なスペースを取らずに持ち運ぶことができます。

野外に持ち出して使用することを想定して細部まで作り込まれている印象です。

※公式ストアリンク※

フィールドバリスタ ケトル | 調理器具(クッキング用品) | キャンプ | スノーピーク(Snow Peak)
フィールドバリスタ ケトル(CS-115)の商品ページです。【公式】スノーピーク(Snow Peak)の公式サイトです。 スノーピークは厳しい自然での検証に裏打ちされたハイスペックな製品群を提供するキャンプ・アパレルを中心としたアウトドアブランドです。
あぐ
あぐ

定価は11800円!

通販サイトだと品薄のため価格が高騰しているので注意!!

スノーピーク・フォールディングコーヒードリッパー「焚き火台型」

ドリッパーもスノーピーク製品です。

出典:スノーピークオンラインストア

こちらのドリッパーはスノーピークの焚き火台をモチーフにして作られた製品です。

薄く折りたためるのでギアボックスのちょっとした隙間にいれて持ち運べます。

ちなみに収納袋はつかないので、僕はギアボックスの天板部分についているメッシュの小物入れに収納してます。

三本足構造でシェラカップや小さめのカップにも対応しています。

ソロには丁度いいサイズかなと個人的に感じています。

あぐ
あぐ

市販のコーヒーフィルターを使用する場合は折りたたむ必要があるため注意!


ペンドルトン・ウッディーエッグカップ

カップはペンドルトンの商品です。


もうこのカップについては完全にデザインで選びました!

デザインが気に入りすぎて、利便性や持ち運びは無視です(笑)

テーブルの上に木製のカップが1つあるだけで雰囲気をガラッと変えてくれます。

取っ手がついていない分バックパックの外につけて持ち運んだりはできませんが、それでも大満足なカップです。

キャンプでコーヒーを飲もう!

キャンパーさんの中にはコーヒーミルを使って自分好みの豆を挽いたり、豆の焙煎から初めてみたりとこだわっている方も多いです。

それだけキャンプとコーヒーの親和性が高いということですね。

僕はコーヒーについてはまだまだ勉強不足なのでこれから少しづつ知識を増やしていこうと思います。

あぐ
あぐ

コーヒーミル持ってるんだけど、ハンドル無くして使用不可…。

外で使えるコーヒーセットを持っているとドライブで景色のいい時に行った時などキャンプ以外でも活躍してくれますよ!
もちろん家でも使えます!

ぜひ検討してみてください!

この記事が読んでくれたのあなたのお役に立てたら嬉しいです!

それではまた別の記事で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました