【キャンプ】初心者必見!失敗しないキャンプ場選びの基礎知識!

キャンプ場

今回の記事では、僕なりのキャンプ場選びについて書いていこうと思います。

キャンプ場ってどこも同じじゃないの?

キャンプ場選びの基準って何?

こんな方にピッタリの記事になっています。

これを書いている僕はキャンプ歴5年・年間10泊以上、暇さえあればいろいろなキャンプ場を探してはニヤついているソロキャンパーです。

僕が今まで色んなキャンプ場に行った経験をもとに書いていきますのできっと参考になると思います!

それでは行きましょう!

スポンサーリンク

初心者必見!これで安心!キャンプ場の選び方!

当たり前ですが、キャンプに行こうとする時にほぼ必ずお世話になるのがキャンプ場です。

最近は山に入って野営するという人も多いですが、他人の敷地の可能性だったり安全性を考えるとキャンプをするにはやっぱりキャンプ場に行くのが安心です。

ひとえにキャンプ場といっても実は様々な種類のキャンプ場があります。

あなたにとってピッタリのキャンプ場を探すための基準になる知識を解説していきます。

キャンプ場の種類を知ろう!

キャンプ場の種類は実はいろいろと細分化されています。
まず始めに知っておいて欲しい言葉を解説していきます。

高規格キャンプ場

様々な設備が揃っているキャンプ場の事を指します。

一般的なキャンプ場にある設備の他に家族連れの為にアクティビティが充実していたりと、調理用のピザ窯が置いてあったりと設備はキャンプ場によって様々です。
キャンプをなるべく不便無く楽しみたいという方向けのキャンプ場になります。

便利な分、キャンプ場利用料金は高くなります。

サイトについて

キャンプ場でキャンプをするスペースの事をサイトと言います。

このサイトの種類がキャンプ場によって違い、大きく分けて
キャンプ場の中でサイトが区切られている区画サイト・サイトが区切られていないフリーサイトがあります。

サイトの予約の可否についてはキャンプ場によって様々ですが、区画サイトは予約可能なキャンプ場がほとんどです。

オートサイト

オートサイトとはサイトの中に車の乗り入れが出来たり、サイトに横付けが出来るサイトの事を指します。
車が近くにある分、道具の積み下ろしが非常に楽になります。

フリーサイト

サイトごとに細かい区切りがなく、キャンプ場の敷地内なら好きな場所にテントを張ってキャンプが出来るサイトの事をフリーサイトといいます。

自由な反面、キャンプ場の中でトイレや水場が近く地盤が平坦といった好条件の場所は争奪戦になるので、そういう場所を確保したい場合は予約の有無に関係なく早朝から並んだりする必要があります。

あぐ
あぐ

フリーサイトは基本的に早い物順!

一般的にオートサイトより料金が安いというメリットもあります。
車を横付け出来るフリーサイトも多いですよ!

電源サイト

サイトにAC電源が設置してあるサイトです。

家庭で使用している、扇風機やストーブといった家電も使用出来るのでその分快適にキャンプをすることが出来ます。

あぐ
あぐ

次からキャンプ場選びの基準を解説していきます!

キャンプ場までの交通手段は?

まず初めに考える必要があるのが、キャンプに行く時の交通手段です。

  • バイク・自転車
  • 公共交通機関

車やバイクで行くという方はそこまで気にする必要はありませんが、普段運転をあまりしないという方は高速のICが近いキャンプ場であったり、長い山道を走らないで済むようなキャンプ場を選んだ方が安心です。

公共交通機関を利用してキャンプに行くという方は当然駅やバス停が近くにあるといった交通インフラの整っているキャンプ場を選ぶ必要があります。

キャンプ場まで何でいくのか?というのを前提に次から紹介する基準でキャンプ場を選んで行きましょう!

キャンプに何を求めるか?

基本的に便利な設備の整っているキャンプ場ほど料金が高くなる傾向があります。

とにかく色んな設備が整っている方がいい!
という方は高規格キャンプ場を選んだほうが安心。

キャンプ道具がとにかくたくさんある!
という方は車が横付け出来るオートサイトのあるキャンプ場が便利です。

ソロキャンプだしキャンプが出来ればどこでもいい!
という方は格安のフリーサイトのキャンプ場がいいかもしれません。

自分の用途に合わせてキャンプ場に求める条件を決めましょう。

ちなみに僕は価格メインでキャンプ場を選んでいます(笑)

周辺施設は?

キャンプ場の周辺施設もチェックしておきましょう。

キャンプ場によってはお風呂やシャワーが無いキャンプ場もたくさんあります。

食材の買い出しが出来る場所が近くにないキャンプ場もあります。

自分に必要な周辺施設が近くにあるのかというのもキャンプ場を選ぶ際に重要なポイントになります。

慣れていないうちはなるべく周辺施設が多いキャンプ場がオススメです!

キャンプ場の探し方は?

僕はここ数年、自分が住んでいる地域の周辺にあるキャンプ場の情報をひたすら調べました。

1番最初に利用したのが【なっぷ】というサイト。

キャンプ場-日本最大級のキャンプ場検索・予約サイト【なっぷ】
掲載数・口コミ数No1!キャンプ場検索なら4346件から探せるキャンプ場検索・予約サイト【なっぷ】にお任せ!全国のキャンプ場をおすすめ・人気・ランキング・地図から検索・比較できます!

ここでいろいろな地域のキャンプ場をチェックしまくりました(笑)

あとは【自分が行きたい地域名+キャンプ場】とかで検索でもたくさん出てきます。

SNSもキャンプ場情報の宝庫です。
先輩キャンパーさん達が写真付きでリアルな口コミを投稿してくれています。

キャンプ場選びがキャンプ成功の重要な鍵!

キャンプ道具を選ぶのと同じくらい大切なのがキャンプ場選び。

自分の用途に合わないキャンプ場を選んでしまうと、不便な思いをしてしまうと思います。

特に初心者の方は周辺施設も含めてじっくりキャンプ場を選びましょう!

最後に僕が人生で初めてソロキャンプに行ったキャンプ場をご紹介します。

有野実苑オートキャンプ場
有野実苑オートキャンプ場は千葉県にある緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場。 関東近郊で都心から90分のアクセスでありながら綺麗な空気と新鮮な産物に恵まれ四季折々のキャンプをお楽しみいただけます。 木々に囲まれる区画サイトと充実した設備、収穫体験などのイベントをご用意し、 スタッフ一同、皆さまをお待ちしております。

千葉県にある人気キャンプ場【有野実苑オートキャンプ場】です。

高規格キャンプ場の部類ですが、ソロキャンプ用のリーズナブルな価格も設定されているのでファミリーからソロまで幅広い層にオススメ!
プラス料金で雰囲気のいい露天風呂にも入れます。

予約を取るのが困難ですが、非常にオススメのキャンプ場ですのでご参考までに。

あぐ
あぐ

ソロサイトは車の横付けが出来ないので、道具の多いソロキャンパーさんは注意!バイクは乗り入れ出来ますよ!

今回は以上になります。
この記事が読んでくれたあなたのお役に立てたら嬉しいです!

それではまた別の記事で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました